すーぱーふぃくしょん

俳優おたくの戯言(だいたい惚気)

酸いも甘いも噛み分ける!2018年上半期まとめ


前回の記事(「フルネームで呼びがち」)で推しの映画の宣伝したら、いろんな人がスターくれて、肯定してもらえたというか、力を貸してもらえた気がしてめちゃくちゃ湧きました!!!!!!!!!もう肩幅ちゃんへのファンサやん。はてブ界の推しメンたちから濃厚ファンサに私信もらいまくったわ。やばいわ。スクショスクショ。いやほんとに、予告、見てくれたのかもってめちゃくちゃ嬉しくなったし、わざわざ「みました」とか「みます!」って言ってくれる方もいて超超超超超超超うれしい〜!えーんほんと嬉しかったです優しいありがとうございます!もうみんな大好き

「みます!」については予告だけじゃなくて映画もみてくれるってこと!?あああん!ないちゃう。また映画公開の時期になったら触れたいと思います!てへへへ!

\\\٩(ゝワ・)۶////< happy!!!!!!!!!

 

そして皆さんが推しのことどんな風に呼んでるのかも垣間見れておもしろかったです。わたしが学生だったら研究したいテーマでもあるわ

 

先日初めてリリイベに行ってみたBOYS AND MEN(主に田中俊介くん)界隈についても、楽しく転がり落ちています。田中俊介くん主演の「ダブルミンツ」も見たし、今渋谷アップリンクで上映している「恋のクレイジーロード」もみてきたし(両作品についてのエントリーも書きたい)、iTunesでMV買ったし、お昼は田中俊介くんが歌って動いて笑ってかっこよくて抜群にキャワな顔をしているMVを見ながらご飯を食べています。順調ですね。誰にも止められない俊化理論。光のスピードで変わってく世界を体感中です。

 

もう直ぐ9月に入るということで、今更ですが2018年上半期のことを振り返ってみようと思います。舞台俳優関係、アイドル関係、全部ごちゃ混ぜだよー!抜けもあるかも。

いってみよー!いえーい


▼1月〜3月

舞台関係:去年に引き続き、推しの作品で舞台初めでした!幸先がいい!2月に推しちょっと特殊な公演が催されたので遠征しました。すっっっっっっごくよかった。推しの公演のために作られた特別な懐石料理を食べて、特別な会場で推しのお芝居を見て、推しと初めて写真を撮ったり(数年応援していて何気に一緒に写真撮るのが初めてだった)、アフタヌーンティー行ったり温泉入ったりお高いランチを食べたり観光したりした。この時に推しと話したことがすごく自分の中で大きくて、その後の推しごとに対するモチベがうなぎのぼりだった。大満足の遠征。
月髑髏の何度目かを下弦で見納め。髑髏城シリーズは、97年版・青髑髏・赤髑髏はDVDで、若髑髏〜花鳥風月は全て観劇していたのですが、宮野まもちゃんの捨がいっっっちばん大好きです。衝撃的でした。すごく良かった。
あとは修羅天魔やらD☆D関係やら宝塚など。オペラは好きな俳優がダンサーとして出演していたので観に行きました!思ってたよりめちゃくちゃ出番が多くてめちゃくちゃ楽しくて急遽千秋楽増やしたくらい。チケット高かったけどすごく楽しかったです!オペラハウスのホワイエめちゃくちゃきれいだしテンション上がった……。

 

アイドル関係:エストちゃんのライブで幕開け。超かわいかった。横アリでチャーハンを炒めた。超特急ツアーオーラス、ほんとエモかわいくて最高なツアーだった。ツアーオーラス10日後、最推しメンバーがこの公演を最後にグループを卒業する事になり病み散らかす。ちなみにまだ傷は癒えていない。ぐす。

 


▼4〜6月
4/1 Take Me Out2018 @青山DDDクロスシアター
4/2 DIAMOND☆DOGS 輪舞-RONDO-マイナビBLITZ赤坂
4/5 推しBちゃんライブ
4/6 推しBちゃんライブ 昼・夜
4/7 Take Me Out2018 @青山DDDクロスシアター
4/8 秘境温泉名優ストリップ猫のホテル @駒場アゴラ劇場
4/14 某ライブ
4/17 Take Me Out2018 @青山DDDクロスシアター
4/21 某ライブ
4/22 Take Me Out2018 @青山DDDクロスシアター
4/28 Take Me Out2018 @青山DDDクロスシアター
4/29 Take Me Out2018 @青山DDDクロスシアター
4/30 Take Me Out2018 @青山DDDクロスシアター
4/30 ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング/悪い芝居 @東京芸術劇場
5/1 Take Me Out2018 千秋楽@青山DDDクロスシアター
5/3 HIBIYA festival/梅棒
5/3 HIBIYA festival/梅棒
5/6 「カンパニー/BADDY」/月組 @ライブ中継
5/12 Brand new OZAWA mermaid!/小沢道成 @APOCシアター
5/12 吸血姫/劇団唐組 @新宿花園神社
5/14 Brand new OZAWA mermaid!/小沢道成 @APOCシアター
5/26 Flamenco マクベス ~眠りを殺した男~ @シアター1010
6/2 日食なつこ ライブ@モーションブルーヨコハマ
6/4 夢の裂け目新国立劇場
6/10 夢の裂け目新国立劇場
6/22 あちゃらか2/劇団ホチキス @博品館劇場
6/23 トークライブ
6/23 夢の裂け目新国立劇場
6/24 夢の裂け目新国立劇場
6/29 DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018博品館劇場
6/30 フリー・コミティッド @青山DDDクロスシアター

 

舞台関係:推しが出演する舞台がとてもとてもとても充実していた季節。勢い余ってはてブを始める。ほんとうに最高の季節をありがとう。この時期に推しが出会った「もの・ごと・ひと」がどれだけ彼にとって良い影響をあたえたか、どれだけ日々が充実していたか、どれだけのものを得たか、推し本人の言葉を通してたくさん感じられてただただ幸せで最高でした。本当にたのしくて、きらきらとみずみずしい思い出がたくさんつまった毎日でした。多分わたしの人生を通して忘れられない、生涯の宝物になるような作品と出会えたし、推しのことを好きでいてよかったなぁ、しあわせだなぁ、うれしいなあって心から思えてほんとに楽しかったです。推しに対しての「好き」が高まったし、もっともっと見ていたいと思ったし、推しから学ぶこと得ること感じることが多くて何て影響力がある人なんだろうと思った。
客席にいるわたしたちファンにはもちろんのこと、座組・カンパニーの皆さんが推しに何か影響を受けて、それを言葉だったり写真だったり演劇だったりで伝えてくれる世界がとても嬉しく、誇らしかった。推しのこと、世界中の人に見てもらいたいって思いました。
舞台公演期間中に、推しが初めて映画に出演することが発表されました。しかも大杉漣さんの最初で最後のプロデュース作品。
世間は早く彼を見つけて、世間に早く見つかって、たくさんの人に見つけてもらいたい、と思いました。

 

アイドル関係:J界の自ユニ・関ジャニ∞のすばるくんがまさかの事務所退所を発表。泣きちらかす。ちなみに傷はまだ……。うーん。2018年8月現在、6人となった関ジャニ∞でのツアーはもう始まっているのですがわたしは9月の福岡公演にしか行かないのでまだ見てないんですよね。自分の目で6人のライブ見たらまた変わるかな。わたし自身す担ではないので大きな事はいえないのですが、すばるくんは関ジャニ∞の心臓であり核だと思っていたし、ずっといるものだと思っていたから、ただただ呆然として、ただただ悲しかった。なんでなんでなんでって思った。ただ、止むを得ない体の事情で欠席したやすだくんを除くメンバー揃って会見を開いてくれたことで、メディアによる余計なお世話や下品で責任感の無い憶測、ファンの不安な心情を逆なでするような噂話といったノイズに傷つけられずに済んだことは感謝しています。関ジャニ∞という場所に集った陽気な三十路のおじちゃんたちが、それぞれの個性と愛情と誠実さを精一杯言葉にしてファンや世間に直接的な説明をしてくれたことは、ありがたかった。ふてくされた顔ですばるくんの横に座っていた大倉の素直すぎる言葉がありがたかった。「すばるのともだち」としての始まった瞬間から大泣きしてたのにあとから「泣いてません」ってちょける横山くんがいとしかった。会見を見ながらずっと泣いてしまったけど、あの会見が無かったらもっと気持ちのやり場がなかったとおもう。メンタルぼろぼろかもと思ったりょうちゃんがめちゃくちゃしっかり構えて涙一つみせず対応していた姿に心が揺れた。日曜夜にやっている関ジャムという音楽番組で、すばるくんが最後に出演する日のりょうちゃんの姿にたまらず泣きじゃくり、翌日使い物にならなかった。

 

 

▼7月以降
7/1 ジハード/さいたまネクストシアター @彩の国さいたま芸術劇場
7/4 Bちゃんグループ公演千秋楽 & FC向けラストショー
7/5 A3! @天王洲銀河劇場
7/7 月組公演 『愛聖女(サントダムール)-Sainte d'Amour-』 @ライブ中継
7/14 某ライブ 昼夜
7/15 プロポーズ大作戦/ピヨピヨレボリューション@吉祥寺シアター
7/15 にんぎょひめ/柿喰う客 @北とぴあ
7/21 ニューシネマパラダイちゅ@エコー劇場
7/23 グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!/上口鯨井ペア@新宿村LIVE
7/25 推しBちゃんライブ 昼・夜


舞台関係:推しがしばらく表立った仕事がないので7月8月はもともと好きな劇団や俳優さんの舞台にいってみたり、推しと共演した役者さんの舞台を観に行ったり、はてブ読んで気になった作品を観に行ってみたりして過ごしていました。

そして二推しBちゃんのグループから二人のメンバーが卒業となりました。そしてグループ自体も「活動休止」に。
現メンバー全員揃っての最後の公演が千秋楽を迎え、その後ファンクラブ会員のためのラストショーという名の卒業イベントを開催してくれました。
涙でしんみり、というよりもただ楽しくて、きらきらしていて、涙ぐんでもクスッと笑わせてくれるようなそんなあったかいイベントでした。
卒業するメンバーの一人が「このグループが僕にとっては実家みたいなもので、今から一人暮らしをするっていうイメージです。僕にとってこのにいちゃん達はずっと家族だし、何があっても助けるつもり」って言ってくれて、ああそうか、実家を出て、一人立ちするのかあって思うとすごくしっくりきて、なんて優しくて頼もしい卒業なんだろうと思いました。

ただやっぱり卒業が発表されてからずっと寂しい気持ちはあって、ライブやお芝居を見るたびに「なんでいなくなるんだろう?」「やめるのやめたらいいのに」って思ってたんですけど。
メンバーと、何より本人の覚悟を最大限尊重していきたいという想いでついていくのみでした。

Bちゃん自身とリーダーはもともとお仕事が絶えない人たちだし、これから年末年始にかけてもいろいろ現場が詰まってはいるんですが、好きなグループが活動休止というのはやはり辛いですね。

 

---

 

卒業とか脱退とか世代交代に弱いです。めっぽう弱いです。できれば経験したくない。だって寂しいから。だって好きだから。好きだからいなくなって欲しくないんです。実際経験してみると、本人たちの意思、感情、理由、夢、方向性、未来、事情があることもわかっています。大人だから分かっています。わかるのと、寂しいのは別問題なのです。理解はできても、受け入れられるかはまた別なんです。


さみしいものはさみしくて、感情のやり場が見つからないのです。墓場すら見つからないのです。

 

「推し」や「俳優」や「アイドル」個人を好きになるということよりも、「そのグループの中にいる"◯◯くん(ちゃん)"」こそが一番好き、という箱推し的な趣味を持っています。
xx劇団に入るXXさん、xxというグループにいるXXさん、xx戦隊にいる時のXXさん、xx代目としてのXXさん、などなど。
もちろんXXさんと言う一個人のファンなのですが、それ以前に【xxというチームにいるXXさん】が好きなのかもしれません。その輪の美しさ・楽しさ・バランスの良さ・関係性の良さなどが完璧に密接に関係して出来上がった相対的な「良さ」がたまらなく好きだから。

 

アイドルはセンターじゃない子を好きになりがちだし、戦隊はだいたい青推しになるし(ルパパトはイレギュラーで赤好きですが)、漫画は主人公じゃないキャラに感情移入しがちだし、宝塚はトップさんより2番手さん3番手さんに沸いてしまうんですけど、【xxというチームにいるXXさん】だからこそ好きになったのかもって思うことがよくあります。多分そういう属性なんだと思います自分が。

 


Bちゃんのグループの最後の公演を見ていて、「こんなに完璧なのに、なぜ欠けてしまうんだろう」「欠けたその穴は誰も埋められないよ」と思ってしまってとても苦しかった。

 

わたしの推しも「劇団員」なので、母体があるんです。【その劇団の劇団員である推しくん】のファンなので、劇団の本公演にいる推しが一番好きだし、沸くし、最高に素敵です。客演先にいるときも、誇らしいですけど!でもやっぱホームが一番なんですよ。

 

推しは、「一生演劇やります」って言ってくれてて、それは間違いないく本気だと思っているし、信じられる言葉だなって思っています。「80歳になってもこの芝居やってたいの」って言い続けてる宝物みたいな作品もあるし、なんていうか、「覚悟」してるんだと思います。演劇と添い遂げるってことを。

 

彼が今所属している劇団を抜けるということはおそらくない、と思っています。きっと、ずっと、辞めない。
(ただ劇団自体の存続は「絶対」ではないと分かっています。その劇団がある限り、彼は一生その劇団の劇団員です)
だから、推し自身に関して卒業とか脱退で悲しむことはないと信じていられることは、わたしの推しごとにとってとても穏やかな事実なのです。ありがたい。

 

 

世の中に「絶対」なんてないけど、わたしの人生で「絶対」を唯一くれるのが推しであったら、そんなに幸せなことってないですよね。

 

 

2018年の後半も、楽しく、愉快に、健やかにおたくしたいですね!