すーぱーふぃくしょん

俳優おたくの戯言(だいたい惚気)

【惚気】ミラクルロマンス 信じているの

はてブロ読むのが好きすぎて、普通のネットニュース読んだりtwitterしてても引用スターをつけたくなる肩幅ヒロぽよちゃんです。くらえ!スター爆撃!🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟ティリーンティリーン!
つけたくなりません?スター。しかし他の媒体に引用スター機能などないのであった!

 

特に引用スターは素敵な機能だなーて思います。わたしは「好き!」って思ったり「わかる」「うける」ってなったり純粋に「いいね!」ってマジ応援だったり「それは辛い」って涙のかわりだったり、「良かったね♡♡♡♡♡♡♡」「かわいい♡」「やった〜♡」のラブコールだったり、いろんな気持ちでスター押してます。むしろ推してます、おたくを。わたしもスターもらえるのすごく嬉しいです、励みです。ありがとうございます!好きです!

 

twitterで一昔前にふぁぼ(☆)からいいね(♡)に変わった時、結構な反発がありませんでしたか?少なくともわたしの周りは結構なブーイングだったんですけど、慣れとは不思議なもので、今や本当に「いいね👍👍👍👍👍👍👍」て思っていいね飛ばしてます。「髪切ろっかな」「○○買おうかなぁ」「推しぴしゅきしゅき」→いいね!ってするし、「ウケる」「それな」「わかる」でいいねするし、しんどそうな人にはそっと飴玉を置くつもりでいいねしてる(悲しい状況に対して「いいね」と言いたいわけじゃないからあれなんですが)

 

***

 

3連休終わったとか嘘ですよね、って感じなんですけどそもそも普段が週5の労働を2日の休日でチャラにしようとかおかしいですよね。全然チャラになってないぞ。休暇になってないぞ。せめて週休3日制がスタンダードになればいいのにな。しゅん。
おたくの皆さんはいかがお過ごしでしたか。体調崩されてませんか。わたしは推しが次の公演への準備期間に入ったので好きな役者さんとか劇団の舞台を見に行ったりライブ行ったりしてました。楽しく過ごしました!ただあと3日は休みたいな。


さて、推しの舞台も少し前に無事千秋楽を迎えました!結構長い公演期間でした!東京公演の後、思い入れのある素晴らしい劇場での地方公演で、とてもとても熱くてあたたかく濃密な、幸せいっぱいの千秋楽を迎えたようです!


「ようです!」というのは、どうしても仕事の都合で平日休みが取れなくて、地方公演は見送りました。見届けたかったけど、これは残念だったけど、後悔はしていません。東京公演は初日から千秋楽まで見届けられて東京千秋楽の客席全体の空気の良さというか、あの作品を包み込む全てが最高に居心地が良くて、とても爽やかな気持ちで見納めることができました。当日券の列も連日すごかったようです。最高の状態で仕上がったものを、そのまま地方のお客さんの元へ届けられることを推しがとても興奮しながらツイートしていたのが、ファンとしてもとっても嬉しかった!

 

推しは地方公演に行くのがすごく好きです。ふだん地方から飛行機なり新幹線なり夜行バスなりを使って東京の劇場へ足を運んでくる人たちがいることもわかっていて、感謝の気持ちを持っていて、自分がその人たちの元へ行く機会があることを喜んでいる推しがとっても愛おしいなあと思います。
もちろん地方から来ている人だけじゃなくて、関東近郊から来ている人もいろんな都合を工面して時間とお金を割いて劇場に足を運んでいることに敬意を払ってくれる推しが好きです。ありがたいです。

 

 

前置き長子に改名しようかな。本題です。今日も惚気を聞いてくれるかーい!?

🌟🌟🌟ティリーンティリーン!


▼ちょっとした奇跡が起きた話


実は、東京千秋楽の二日前に、奇跡的なことがあって!面会とかじゃなくて推しとゆっくりお話しする機会がありました。ミラクルロマンス!
とある場所で偶然推しと会ったんですけど、最初気づかなくて、推しから声かけてくれて。もうびっくりです。なんでこの時間にここいるの!?みたいな感じで本当にびっくりしたけど(なんせその日も推しはマチソワ公演をこなしていた)すごく嬉しかった。
詳細は伏せますが、一時間ちょっとの間、推しが一緒にいてくれたんです。まさかのすぎてだいぶ心臓ばくばくしてたんですけど、一方かなりリラックスして話せた部分もあって、なんだか夢のような時間でした。

 

推しの公演のお話とか、お互いに最近見たお芝居の話とか、推しのプライベートなこととか、他にもたくさん!お話ししてくれた!!!!!!!!応援してきた中で、初めてきかせてもらうような推しの心境だったりとかもあって、またひとつ関係性が深められたかなあと思えてすごくすごく幸せな1日でした。こんなに長くお話しできたのは初めてのような気がします。

プライベートなことに関しては、わたしこのまま聞いてていいことなのかな?って思ったんですけど、わたしから探ったわけじゃなくて推しから提供してくれた話題だから、甘えて聞かせてもらいました。その時の推しのとある言葉を受けて、「わたしだから話してくれたのかな」って感じてまたほっぺの緩みが止まらなかったです。ほっぺは緩んでもお口は固くチャックしとくから!デレデレだけど分別は付いてるから!

 

信頼してくれてるんだなあって思いました。自惚れでなくて。

推しぴが信頼してくれてるから、わたしも推しからの信頼を素直に受け取って、ちゃんと循環させたいです。そして変わらず敬意を伝えられたらいいな。


そのときの会話の一つで、推しがそのあとの地方公演が楽しみだなーって話ししてて「いろんな人に出会いたいなあ」ってしみじみと言葉にしていました。推しの穏やかな笑顔を見てると、本当に心の底から「たくさんの素敵な出会いがありますように」って思いました。
推しが会いたい人たちにたくさん会えて、初めましての人たちともたくさん会えて、たくさんの笑顔に出会えますようにって本当に思いました。だからできる限りの言葉で伝えました。うまくつたわったかはわかりません。だから改めて手紙にして翌日劇場に持って行きました。手紙の中なら素直に言えること、面と向かってだとどうしてああも難しいのでしょう。後からあれ言えばよかったとかこれ言えばよかったとかいくらでも振り返りはできるけれども。もっと対面でのコミュニケーションがうまくなれたらいいな。好きな人を目の前にして気の利いた返しができる人を心から尊敬します。


そして地方での大千秋楽後のツイートを読んで、「いろんな人に出会いたい」と言う推しの願いが現実になっていたことを知りました。わたしは行けなかったけどその光景を思い浮かべてすごく幸せな気持ちになりました。
素敵な時間を過ごせて、良かったね。そして、わたしもこの一ヶ月素敵な時間を過ごさせてくれてありがとう!

 

▼一枚の葉書


地方での大千秋楽を終えてから。ポストをのぞくと葉書が一枚、入っていました。そこには推しの名前がありました。推しから、というよりは、推しの所属事務所から送られてきたその葉書には、祝い花に対するお礼があたたかな言葉で綴られていました。嬉しかったです。すごくすごく嬉しかった。推し本人だけじゃなく、事務所の方々にちゃんと伝わったことが嬉しくて、お心遣いが嬉しくて、優しくて、ああ良い事務所だなあって思いました。マネさんが、6年前と変わっていないことも感慨深かった。

推しの直筆のメッセージには、「地方公演に向かう新幹線の中でこれを書いています」とありました。消印も、地方のものでした。大事な、貴重な、移動の時間に、わたしのことを思ってくれる時間があったこと、わたしのために使ってくれる時間があったこと、本当に優しくて、嬉しくて、幸せです。ありがとう。数日前の推しのその時間が、時を経て"今"のわたしに届いたわけです。新しい出会いを前にした、推しのワクワクや真摯な気持ちが詰まった一枚の葉書。これも宝物にするね。ありがとう。大好き。

 

***


夏の間は推しの現場はないのですが、9月に入れば新しく公演も始まるし!チケットも押さえてるし!きっとすぐ会えるよねと思っています(現に昨日とある舞台を観劇しに行ったら推しが見にきてた笑)。

 

ああでもやっぱり毎週でも会いたいよぉ。推しのお芝居みたいよぉ。拍手送りたい。笑顔で拍手したい。あなたの演劇と共存する観客でいたい。何をおもったか手紙で伝えたい。あわよくばたまにお話もしたい。いつも話せるわけじゃないから、会話できることって本当にびっくりするくらい元気をもらえるんだよ。


夏の間も色々お芝居観れたらいいなー!最近は小劇場系をよく見ています!ピヨレボ面白かった!ので流れでバ○ェラー・ジャ○ン シーズン1から初めて見始めたんですがすげーですね。いやもう、なんか、すごい。女の子ってめちゃくちゃ可愛くて賢くて愛おしいけど、しんどい。ha-。綺麗になりたい(切実)

舞台観劇のしっかりひとつひとつのアウトプットをしたいところですがそれも難しいので、わたしも上半期のまとめとかしようかな!推しとの惚気も含めて!はてブロ始めたの4月なので1〜3月のこととかも含めて振り返りたいな!

 

f:id:super_fiction:20180717023946j:plain

梅雨は嫌いだけど、この花の季節だから好き