すーぱーふぃくしょん

俳優おたくの戯言(だいたい惚気)

【惚気】初日最高だった話とチケ活事情

推しの舞台が始まりましたぁ(刀じゃないです)!!!!!!生を実感しています。イエエエエエエイ!!!!!!
めちゃくちゃ良かった。
ハッピーエンドって、良いよね。サムズアップ。ヒロコ、アライブ。

4月にやってた舞台がはちゃめちゃに良かったので「あーもう2018ベストオブザ舞台きまっちゃったかもー」なんて思ってたけど、今回の作品も超絶面白くて、推しが誇らしくて、推しだけじゃなくて全キャスト素晴らしくて、やっぱり推しを好きで嬉しいことばっかり。
幸せの還元率が百パー超えてるよぉ。

2018年6月も好き度を大幅に更新です!2018年上半期、推しぴしゅきしゅきポイント上昇っぷりがとどまる事を知りません!破竹の勢い!ありがとうございます!好きです!推しはじめて年数的にも片手じゃ足りなくなってもこの熱量!推しもわたしにデレてくれるし!!どうしたんだ!大好きとロマンチックがとまらない!!!というか2018年がすごい!どうした!どうしたわたし!!!!

wooooooo\ハッピー!!!!/(ハッピー)

 

;;(∩'-'⊂);;; < wooooooo

 

\\\٩(ゝワ・)۶////< happy!!!!!!!!!


わたしは顔に温かみのない能面フェイスなので推し活してる時だけはせめて楽しそうに見えてくれよと思ってるんだけどまあ実際楽しいっていう。推しが出てる舞台見てたら自然と笑顔になっちゃうよっていう。今回喜劇だったので安心して挑んだんだけどまあ笑った笑った。
なんていうかこの作品に推しが出てるのって嬉しいなっていうやつだった!ストプレというより音楽劇的なジャンルなんだけど、劇場の財産でもある作品ということで、そこに居てくれる選ばれしマイ推しも財産ってことだな!!!って感じてハッピー。推しもたいへんに素晴らしくてマーベラスアメイジングだったけど、共演者の皆々様がまたすごかった。推しが一番!ていうわけじゃなくて、経歴の長い俳優さんにいたってはもう流石のいぶし銀というか、にじみ出る演技の質が抜群にすごかったし、初めて見る俳優さんも心をわしづかみにされたし、全員大好き!って思った。生演奏のあたたかみも、シンプルながらも奥行きとふくらみのある舞台美術も、センスがありすぎる照明効果も、ぜんぶ素敵だった。劇場スタッフさんも。
いやほんと、たくさん笑えて、たくさん考えられて、豊かな作品だった。
みたことない推しの姿も拝めて嬉しかった。すごい大きく口開けて歌うよね。かわゆ。

 

公演自体は夜からだったんだけど、初日ということで張り切って休みを取って朝からゆっくり支度してお昼もお茶の時間もおいしいものを食べてルンルンで劇場へ向かいました。良い休日。毎日がこうあってくれよ。

 

お花もめちゃくちゃ喜んでくれた!!!!!!!うれしい!!喜んでくれてるのかわいい!!!うれしい!!!!プレ着てくれてるのも(私にだけわかるかたちで)わかった!!!!!!うれしい!!!!!!!twitterのあれもそれも!!!!!そ、それってさあ!ドキッ!!!うれしいい!!!!!えっ!デレてる!!!かわいい!うれしい!!!きゃわ!!やさしい!!!もう!もう!肩キュン!!!* ひとりでずっと幸せがとまらなかったです。
wooooooo\ハッピー!!!!/(ハッピー)


はあ自慢したい。リア友は今度また聞いてくれよな。リア友このブログの存在しらんけど(多分)。
推しありがとう。2018年の6月もとびきり幸せだよ。
*肩キュン:肩幅ヒロコ(仮)がキュンとすること

---

そして、きいてください!

\いいよ!/\なぁにー/\いいことあったのぉー?/

 

次行くときは、最前列なんだよぉぉおおん!しかも!カテコも推し目の前な気がする!!うれぴいいいい
どっちかというと「最前だけどサイドブロック」より「中列〜後列でもいいからセンターブロックで見たい」派なんだけど、やっぱり推しがいる作品に限っては目の前にいる推しが居る席が一番の神席になるね。ゼロズレラブ。
(余談:最近はやってないけど、少し前まで「少年社中」という劇団ではチケット先行申込の際に「サイドでもいいから前方が良い」「後列でもいいからセンターがいい」という希望を出せる神制度がありまして。あれはよかった。プレガ挟まない劇団先行復活してほしい。)

 


▼わたしのチケ活事情(小劇場中心俳優推しのおたく編)


よくもわるくも、基本的に推しのチケットについて「とれない」ことはなくて、そこについてはノーストレスというか、まあありがたい。キャスト先行、劇団先行、主催先行、カード先行、各種プレガ、カンフェティ、他にもあるけど大体取ろうと思えば大きな苦労なくとれる方。先行じゃなくて一般でもチャンスはありありだし。絶対当日券あるし譲渡も出てるしだいたいリピチケも発売されてるし、一回みてから「よかった」→「増やそう」「友達にみてもらおう」っていうのが気軽に追チケできることが多かった。今回のは全公演完売していて、当日券があっても見きれ席だったりするらしく、嬉しい反面、軽卒増やし丸になりづらいのもちょっと寂しい。ほんとうによくもわるくも、の話なんだけど。
でもあとから平日昼とか平日夜にアフタートークやらお見送りやらが追加されて焦りながら仕事調節する必要とかもないし、キャストに空席を見せないで済むし、「満席」から生まれる熱量みたいなのを客席に居ても感じられるのってやはり嬉しいので、完売はめでたいことだなと思う。チケ売れてたら制作側にとってもいいことだろうし。

 

あと個人的に「当日券」がきらいじゃない。むしろ好き。ありがとう当日券。前売りが買えてなくてもなんとかなるという現実、けっこう好き。
抽選漏れ一般漏れの負け戦でも「まだ当日券チャレンジがある!」という希望や、前売り販売期間にその舞台や俳優の存在を気に留めていなかった人が後から「えっ舞台やるんだ!いってみたい!」と思ったときのための間口は、必ず必要だと思う。
人気舞台なら何時に並ぼうとかそもそも当日券に挑むための抽選があったりとか直前で売り切れたりして自分に回ってこなかったら鬱だなとかそういうドキドキもある反面「いまわたしは……!熱狂の中に……いる……!!」って感覚はわくわくする。メジャーデビュー寸前のインディーズバンドのパンク感とか興奮がいとおしかったりもする。買えなかったら精神的にしぬけど。
あとプレガの先行で買うのにあほみたいな手数料払うのめんどくさくて当日券でいっか、て思うときもある。前売り価格より500円高いとしても手数料より安いときも多いし。

(ライブハウス系にいくと当日券の表記が「DOORS 」とか「 ON THE DOOR」とかになってて最初わけわからなかったけど勉強になった)

 

 

▼推し活がなかった期間(5月)のこと


5月の間は推し関係の現場がなかったので、好きな俳優さんの舞台にいったりライブいったり、大好きなダンサーのBちゃんの舞台にいったり、キャトルレーヴ(宝塚の専門ショップ)に予約してた宇月颯さんのお写真を取りにいったり、俳優おたくの皆さんのはてブロを読んで萌え萌えしたり、会えない時間に愛を育てたり、のびのびしてた。そして某不動産ラブコメドラマで躁鬱を右往左往してた。

行った舞台ぜんぶ最高だったのでさすがわたしの組んだデッキ!と自画自賛した。
そして順調に金がない。

思ったけど手紙書いたりしないで行ける現場ってめっちゃ楽だー。気軽。別に推しに手紙書かなきゃ行けないってきまりもないし、手紙書くの大好きだからまったく苦ではないんだけど、単純に準備時間とか気合いの兼ね合いで気楽にふらっといける現場もたのしすぎるなーて。まさに娯楽。

---

自分が「俳優」おたくであると同時に「俳優おたく」への萌えみたいな感情が芽生えていて、はてブロとか読むのすごい癒される。おたくかわいい。きゃわぴい。わかるうーーーとか思いながらスターおしたり、よかったねよかったねかわいいってもえたり、わっしょいしたり、ソイヤソイヤ賑やかしたり、マシュマロなげたり、まあとにかく萌えています。おたくがすき。

めちゃくちゃ余談だけど、地下ドル推してるスタイリストさんと話してて、アシスタントの若い子が「ぼくたまに塩られないと燃えないんですよね」「やさしいだけじゃつまんない」「だからたまに女の子の友達連れて行って『彼女?』って嫉妬させます」って言い始めて結構衝撃だった。最後にいたっては若干こわい。塩られたいってなんだ!イケメンなのに何を言い始めるんだ。むしろイケメンだからなの?塩るアイドルの子もすごいな?わたしは塩られたら心身共にしぬ。でろ甘対応されたい。ゆとり世代だからな!塩られると消えてなくなっちゃう。沸きたいんだよ。

---

あともういっこきいてください! 

\いいよ!/\どしたー?/\きかせてきかせてー!/

 

めでたいことがありました。
実は推し、秋に映画デビューします。woooooハッピー。内容的には静かなものでキャッキャできるテーマじゃないんだけど、おたくの心情的には大変にぎやかしくハッピーハッピーしてる。
舞台俳優人生がそこそこ長い推しなので、テレビとかラジオの出演は増えてきたんだけど映画って初めてなんです。すごい。うれしい。映画に出るってすごい。映画に出るという情報自体は数ヶ月前に出てて、予告も既にアップされてるんですけどほんと期待しかないというか。すごい楽しみ。
でその映画の前売りが発売し始めたんですね。特典付き前売り券というやつ。

 

「特典付き前売り券」。わあ。
推しが特典付き前売り券になったよぉ。初映画。しかもクレジット的にも主演の次にあって、いいポジションなんじゃないかなと思うので、とにかく楽しみ。

 

ってわけでとりあえずで数枚買いました。特典付き前売り券。一番は自分のために。そして友達を連れて行ったりお勧めしたり興味持ってもらえた人に気軽に見てもらうためにも買った。


弱小ながらにジャニオタをやっていると、興行収入に貢献するためには公開初週に当日券で観に行くのが一番成績になるという知識が既に頭に入っているので、公開はじまったらまずは当日券を買って観るつもり。

 

このブログでは推しの名前を出さない方針でいるけど、映画始まったら具体的にタイトル出して宣伝したいなあって欲が出てきた。もちろん自分で見てからにするよ!!!じゃないとすすめられない!!!
とはいえキャスト的にもぜひいろんな人に見てほしいので時期がきたら推しまくります。そして誰かが気になってくれてみてくれたらいいなぁ。なんなら前売り券わたすので。まじで。

公開前になったら雑誌とかいっぱい載るかなぁ。バアフアウトとかおしゃ雑誌に載ると良いなあ(レイアウトや写真の質が好きな雑誌)。んでもって舞台挨拶あるといいなあ。きっとあるよね。そうだよね。行くね。はー好きぴ好きぴ。すきぴっぴはっぴっぴ。

 


とりあえず最前列観劇のために肌の調子を整えます!


;;(∩'-'⊂);;; < wooooooo

 

\\\٩(ゝワ・)۶////< 推しぴ!!!!!!!!!